天使の自動筆記

天使の自動筆記

クロロ

大切な暦が一部欠けて   遺された月達は盛大に葬うだろう

の楽団が奏る旋律で  霜月は高く穏やかに運ばれていく

菊が葉もろとも涸れ落ちて       血塗られた緋の目の地に臥す傍らで

それでも貴方の優位は揺るがない  遺る手足が半分になろうとも

幕間劇に興じよう   新たに仲間を探すもいいだろう

向かうなら東がいい  きっと待ち人に会えるから


シズク

大切な暦が一部欠けて       遺された月達は盛大に葬うだろう

貴方は仲間と墓標に血をそえる  霜月が寂しくないようにと

黒い商品ばかりの収納場で  貴方は永い眠りを強いられる

何よりも孤独を恐れなさい   2人きり程怖いものはないのだから


パクノダ

暗くてわずかに明るい日        貴方は狭い個室で2択を迫られる

誇りか裏切りしか答えはないだろう  神が貴方の側に佇む限り


シャルナーク

電話を掛けてはいけない   一番大事な時につながらないから

電話に出るのもすすめない  3回に一度は神につながるから


ノブナガ

大切な暦が一部欠けて    遺された月達は盛大に葬うだろう

加わり損ねた睦月は一人で  霜月の影を追い続ける

菊が葉もろとも涸れ落ちて  血塗られた緋の眼の地に臥す傍らで

それでも蜘蛛は止まらない  遺る手足が半分になろうとも


ヒソカ(本当の予言)

赤目の客が貴方の店を訪れる  半身は天使で半身は

月達の秘密を売るといいだろう  霜月のそれが特に喜ばれるはずだ

熱い日に件の客の仲介で     逆十字の男と2人きりになれるだろう

偽りの卯月は暦からはがされる  これで残りは6枚となる


ヒソカ(「薄っぺらな嘘」による改竄)

赤目の客が貴方の店を訪れて  貴方に物々交換を持ちかける

客は掟の剣を貴方に差し出して  月達の秘密を攫って行くだろう

11本足の蜘蛛が懐郷病に罹り  さらに5本の足を失うだろう

仮宿から出てはいけない     貴方もその足の1本なのだから

counter